天国の愛する人へ。

いつもいつもありがとう。
雲の上に届くよう、自分らしく努力していきます。
またいつの日か
「100回くらい泣いたかもしれない」
と言ってもらえるような曲を届けられるように。